top of page
  • 執筆者の写真Hiroyuki Notoh

「愛着」が「資質・能力の3つの柱」をつくるんじゃないかな

こんにちは。


 こないだの最後、「資質・能力の3つの柱」と、いきなり挙げていましたが、いい加減、文章が長くなってて、説明は、まぁいいか、と、中途半端に終えたわけです。

 しかし、そういうの、あかんやないですか。ちゃんと書かないと。それで、ここでお話したいと思います。


 これはたしか、2017年告示の幼稚園教育要領、保育所保育指針、幼保連携型認定こども園教育・保育要領に、「育みたい資質・能力」として示されていたように覚えています。

そして、その資質と能力は、「知識及び技能の基礎」「思考力,判断力,表現力等の基礎」「学びに向かう力,人間性等」という3つの柱で成り立っている、ということのようです。


 それで、ここからが、私の勝手な解釈です。


 「知識及び技能の基礎」についてです。

 これは、文字を覚えることや計算ができるようになることではなく、例えば、散歩して、そこここに咲く花のうつろいに季節を感じる、といった、「あれっ、ひまわりの顔が、へなへなになってる、なんで」のような、「気づき」に興味を育むことかな、と、思います。

 「思考力、判断力、表現力等の基礎」についてです。

 季節の変化を咲く花の違いと関連づけることのように、「気づき」があって、そこから、例えば、他にはどんな花が咲いているか、その周りには、どんな虫がいて、その生き物も、季節によって出会えたり出会えなかったりがある。それは「なぜだろう」と知りたくなり、尋ねたり、本で探したり、そうして、わかったこと、わかった、とは、「気づき」を得た、ということですが、その「気づき」を伝えたくて、他者に表出する。このように、面白い、と、感じたことを、「試し続ける」こと、面白い、と、感じたことを、他者にお話ししたくなること、このようにとらえてもいいのではないか、と思います。

 「学びに向かう力、人間性等」についてです。

 これは、この「試し続ける」ことが面白くなって、かつ、その対象、先の例だと、花から昆虫へ、と、広がることによって、この面白い体験を他者とも共有して、お互いにいろいろ教えあって、互いを認めあって、自分の能力や興味を追求すること、とも思います。


 このようにとらえると、「知識及び技能の基礎」は「気づく」こと、「思考力、判断力、表現力の基礎」は「試し続ける」こと、「学びに向かう力、人間性等」は気づいて試して、気づいて試して、の繰り返しの中で、自分の能力や興味を育み、自分の生き方を作る過程ということもできますでしょう。

 そうすると、私としては、まず、「気づく」ことが、資質と能力を育む最初の一歩、と、思いたいわけです。


 さて、ここからが本題で、ここからが私には大事な話になります。


 「気づき」を経験できるためには、何が必要か、ということです。

 先の例で言うと、散歩に出かけても「いい」、花に近づいても「いい」、虫を探しても「いい」。「いい」が保障されていること、この「いい」という許可が「気づき」に必要、と、私は思います。

 んで、「いい」って、誰がこどもに言うてくれるのか。もちろん、親や先生、と呼ばれる立場のひとです。確かに、何でもかんでも「いい」ではありませんが、何ならばいい、何をどうするならいい、これはどうしてもいいとは思わない、と意見を言う、つまり、これら、みな、気づきを与えるところでは同じです。

 それで、こどもにしてみれば、自分が面白い、と、感じた活動について、それに取り組むことを、「いいよ」と、おとなが許してくれる。このときの安心感が「気づき」を保障し、「試し続ける」楽しさへとつながるんだと思います。

 見守ってくれて、励ましてくれて、教えてくれて、考えてくれて、提案してくれて、こういう、おとながいること、それ以上に、こういうことを、面白いな、と、一緒になって追求してくれるおとながいる。このことが、こどもの資質と能力を育むのでしょう。


 このとき、行っている活動について、おとなは、こどもが感じているであろうと同じく、面白さを感じている。また、こどもが面白い、と感じていること自体を、楽しい、と思う。

 こどもは、おとなが面白い、と感じていること自体を、楽しい、と思う。

 このように、ひとつの活動を、身体を通して、ともに行い、互いの行いを認めあい、学びあい、互いの感情をひろいあうことができる。


 この、自分の身でもって他者の感情をひろい、これがひととひととで交流していること。

 これを「愛着」と呼ぶなら、「愛着」のあることが「資質・能力の3つの柱」が存在することの前提となるでしょう。

 愛着あっての学び、と、私は思っています。


 まだまだ暑いですね。ちょっと、ふらふら出かけようか、お昼寝しようか、どうしよか。


閲覧数:222回0件のコメント

最新記事

すべて表示

就学前の教育で思うこと。ちょっとフレーベル

こんにちは。 つい先日のことです。 長らくミッションスクールで教育職を務めてこられた方とお話しをさせていただく機会をいただきました。その方が、次のようなことをおっしゃいました。 内容と表現は、私の方で変えています。 5歳児のこどもたちがクッキーを作って、同じ数ずつ、みんなでわけあいましたら、4つ余りました。 さて、どうするか。担任の保育者が、こどもたちに尋ねました。 「わたしたちより先生の方が(身

お久しぶりなくせに、いきなりですが、私はこれからも生きていきたいと思っています。

こんにちは。 半年ほど、「ブログ」はそのままでした。ほっといたわけじゃないんです。 いいわけ、というか、経緯というか、ちょっと、ほかに書くことがあるからなんですが、ちょっと時間ができたので、つい先週、思ったことをお話しします。 ようやく桜も咲き始めた、こんなうららかなときにどうかですが、まあ、ちょっと。 「自分に死ぬ」という表現に触れました。初めて聞く言葉の組みあわせでした。 これを言ったひとは、

中学生の娘です。サンタがほんまにいると信じてます。

こんにちは。 この前は、まだまだ暑いときでしたが、もうすっかり、季節が移りました。 それで、それなら、いっそのこと、もうひとつ。サンタさんが登場する話です。 ずいぶんと前に、次のような問いを受けました。 「私には、中学生になる娘がいます。吹奏楽部に所属し、管楽器の演奏に励んでいます。実は、まだ、サンタクロースの存在を信じています。例年、24日になると、こどもがまだ小さい頃は夕食の時、遅くまで起きる

Comments


bottom of page