top of page
  • 執筆者の写真Hiroyuki Notoh

きょうだいげんか、をとめる方法。ほんまかしらんけど。

 こんにちは。


 きょうだいを育てる保護者から、「きょうだいげんかは、どうしたらなくなりますか」と、尋ねられることがよくあります。

 そこで、私なりの策をお話ししてみましょう。


 今回、登場していただくのは、兄と妹を育てるお母さんです。


 いやァ、先生、暑いねェ、最近、お見かけせェへんかったけど、どっか行ってはったん?あちこちで気張って稼いでんのん違う(笑)。ごめん、ごめん、お金のこと言うナってか。あー、確かに、出会い頭が地元のスーパーやからねェー、今日は火曜日、特売で混んでて、えらいこっちャ。気ィつけんと、野菜も暑がっとるし、よう見て、ええの買わんとねェー。

 いや、ほんで、しばらくどないしてはったん?

 へぇー、札幌!ほらええとこ行ってはった。涼しいとこに別荘でも持ってはるん(笑)?ごめん、ごめん、仕事ですかァー、わかってますヤん、仕事ヤて。そやけど、泊りヤッタんでしょ、美味しいもん食べてキタンでしょッ。

 へッ、どッこも行ってへんし、なんもエエもん食べれんかッたん? あんな遠いとこまで行って、何してんのかわかったもんやないねェ。へェ、業者さんがえらいはたらきもんで、ほォー、毎日、朝から晩まで仕事、で、そりゃ気の毒に。ご苦労さんやねェー。

 フーん、で、そのなんとかマート、へェー、そういや、昔、こっちで見たことあるけど、もうないねェ。あそこ、札幌が最初なんヤ。そこで毎日、朝晩、買ってたんやて?。泊りの仕事もご苦労さんやねェ。


 いや、先生のことは、どうでもエエねん、いや、ごめんごめん、どうでもええテ(笑)。ちょっと、もうほんま、うちの子ら、どうにかなりませんー?夏休み始まったと思ったら、まァーいにち、まァーいにち、けんかバッかり。聞くんも見るんも、イヤんなりまッセ。

 いや、今日もですヤん。ひとが洗濯したり、用事してたら、こんなんやデ、先生。


 「お母ちゃん、お母ちゃん、お母チャン!」

 「なんやねんな。朝から暑うってかなわんちゅうのに、一回、呼んだら、わかる言うてるやんカ。早よ用事して、パート行かなあかんのヤ」

 「あんナ、兄ちゃんがナ、いじわるするねんナ」

 「兄ちゃんが意地悪て、アノヒト、いつもやん。ほっとき。ほんで、何しよったん」

 「私の鉛筆でナ、宿題しとるねんナ」

 「エライやん、兄ちゃんが宿題って、こんな朝から、何も意地悪ちゃうやん」

 「ちゃうねんナ、私の鉛筆ナ、勝手に使ってんねんナ」

 「もう、そんなこと、鉛筆ぐらい貸してやりイな」

 「兄ちゃんナ、自分ナ、鉛筆、削んのめんどくさい、言うてナ、私の筆箱ナ、勝手にナ、開けよったんやで。あかん、言うのにナ、うるさい、だまれッて、うちの頭ナ、叩きヨッタんやデ」

 「ほな、兄ちゃんの頭、叩いたったらエエやろ、ちょっとどきイな、パート、行かんト、忙しいんヤ、用事がわんさかアルネン言うてるヤンカ、イツモ」

 「ちゃうネん、ほんでナ、私の鉛筆でナ、鼻ナ、ほじってナ、それナ、私の服にナ、つけよったんや」

 「わかった、わかった、兄ちゃんに言うたるし、ついといデ」


 「アンタ、妹の鉛筆、勝手にとッて、鼻ほじくッて、服になすりつけたんやテ」

 「えェっと、これは足し算を先にせんとあかんな、その次に掛け、いや、割り算かいな?割り切れんもんやな。人生と一緒や」

 「あんたッ、ちょっと、こっち向いて、話聞キ、ええ加減ナ宿題してからニ」

 「何を言うてんのヤ、うちは朝早よ起きて、ほら、見てミ、宿題やってんニャで、宿題。お母ちゃんに文句言われる筋あいないワ。ジュースぐらいくれたらエエやんか。偉いなァ、気張って宿題して、よう頑張ってんなァ、さすが兄ちゃんヤ、とか、何か一言、ひとをナ、ちょっとはナ、ほめてみたらどうやねんナッ」

 「何言うてんねんナ。宿題、宿題ッて、偉そうに。鬼ノ首でも取ったみたいニ。そんなんするのん、当たり前、当然ヤ、当然。普通ヤ、普通。妹に鉛筆返したり。自分の削って使ったらええやろナ」

 「うちナ、忙しいねん。早よ宿題して、やることあるねん。ちょっと、鉛筆、借りただけやん。文句言われる筋あい、ないデ。ホメテもらわんと。俺が、賢ウなっても知らんデ」

 「兄ちゃん、私ので、鼻ほじりよっタ」

 「ちょっと返し。ほら、どこで鼻ほじったんヤ。拭いたるし、もうエエやろ、あんたも」

 「さっき、兄ちゃん、頭、叩いタ」

 「あんた、妹に謝り、ごめんぐらい言イ。イツモイツモ情けなイ」

 「こいつかて、俺、叩きよるデ。早ヨ、鉛筆、削って、俺、宿題、終わらへんやン」

 「何言うてんの、何でお母ちゃんがあんたの鉛筆、削らなあかんノ?エエ加減にしいヤ」


 先生、こんなしょうもないことで、朝から晩まで、ふたりにけんかされて、やっとられんですヨ。

 へッ、ほんで、息子が宿題の後、何することがあったて?いや、それも腹立ちますヤン、分厚いコミック、なんや月刊の、あれの発売日や、ほれで、買いに行かんなん、売切れたらえらいこっちゃ、ッテ。

 旦那が甘いんですワ。自分もそのなんや、その漫画かいな、こどもん頃から好きや、とか言うて、自分も見たいし、買ってやってるんですワ。旦那モ旦那デッセ、幼いとこあって、アキマセン。こどもには、ココって、とこは、ビシッときめてもらわんト。

 まァ、旦那は置いて、ほんま呆れますワ。あのキョーダイゲンカ、何んとかなりません?


 それで、私は、このオカンに、感情を抑えて、かんでふくめるように言いました。


 ええか、あんた、よう聞きや。


 あんな、ほんま、あんたもご苦労やけど、きょうだいげんかはさせたらええのや。確かにそりゃ、暴力はあかん、暴言もあかん、そういうのはアカンって、はっきり言わなあかん。


 ええか、はっきり、あかんもんはアカンって言わんとあかん。

 あかん、ちゅうのは、親が何を考えとるか、親が生きるにあたって、大事にしとること、これを守って生きとる、という、生き様を伝えることになるんや。

 暴力や暴言は、お母ちゃんはやらんで、言わんで、や。それを大事に生きとる。あんたらかて、これは守って生きなあかん。

 ここをあいまいにすると、こどもにしたら、自分らの親が何考えて生きとるんか知らん、うちらも、適当に、怒られん程度に生きとったらええわ、と、なる。もったいないやんか、せっかくの一度きりの人生や、楽しく生きんと。そのために、自分がなんちゅうの、信念、自分の中に筋通せるもんを持っとかんと。それを、こどもらに教えるんが大事や。


 ほんでな、きょうだいやろ、よう考えや、あんたがこども育ててる間は、短いもんやで。こどもらがおとなんなって、それからの方が、きょうだいの関係も長いし、自分らで関係を作っていかな、あかん。

 このときに、仲良うしてくれるとありがたいやろ。


 仲良うするためには、きょうだいの間で、だいたい、こいつはこんな奴や、こういうとこある、とか、お互いのひととなりを知っておかんとあかん。

 それがわからんと、いくらきょうだい言うても、言うてええこと、悪いことがある。

 このときにな、ちゃんと、こどもんときから感情を出しあって、ぶつかりあって、相手を肌で知る、というか、感情を出して、自分がどんな人間かを主張して、そこで、わかりあう経験が大事や。

 なんかしたら、あやまり、ごめん、いいよ、の関係やないのや、そのあやまりかたが気に入らんとか、文句も言いあって、それで、お互いが何を考えて、どんな人間かがわかる。

 この関係を、親は作ってやらなあかん。それで、こういう感情を出しあうのは言葉で伝えあうんであって、暴力ではないし、暴言は言葉やない、ということを教えなあかん。


 んでな、あんたとこの場合はな、妹が賢なった方がええ。

 つまり、こんな感じや、「うちの兄ちゃんは、自分勝手な奴で、私を下に見とる。んで、ケチでせこい、あんなんといつも一緒にいると、腹が立ってしゃーない。そやけど、うちが病気で寝てるときは、テレビ見んの我慢したり、ジュースいるかって聞いてくれる。まァ、自分も飲みよるけど」みたいに、妹が、兄ちゃんのいけずなとこと、ええとこがわかると、兄ちゃんの取扱説明書が頭に生まれる。つまりな、「兄ちゃんに漫画借りたいと思うたら、一口アイス、兄ちゃん、私の分、ふたつほど、あげよか。私ちょっとでええし、言うたら、あれ単純な男やから、ころっと、機嫌ようなる、んで、風呂入るんやったら、その間、漫画貸して、言うたら、ええねん」って、妹ができるようになったら、兄ちゃんも、「あいつもものわかりがようなった。だいたい、ひとにもの借りるときは、リューギってもんがある」って、ひとりで納得もしよる。

 こういう妹の賢さがうまいこと行くと、おとなになっても、住む場所が離れても、なんかあったら、兄ちゃんも助けてはくれるし、なんか言うてきたら、私もしてやろ、ほやけど、いつもあれと顔あわせてると、腹が立ってろくなことがない、たまに会うがちょうどええ、と、お互いのええとこが見えてくる付きあい方がわかってくるもんや。


 んでな、あんた、ええか、けんかしてよるとき、こどもの言い分は聞いたらあかん。


 言い分なんか聞いてな、なるほど、兄ちゃんが間違ってる、とか正論で言うとな、結果、「お母ちゃんは、妹がええにゃろ、どうせ俺なんかあかん奴や、と思てんにゃろ。俺なんかこの家におらん方がええのや」とか、しょうもないこと言うて、すねよる。これが続くと、ひがんでくる。


 それよりも、「言い分なんかどうでもええ、私はうるさいのはいや、けんかは嫌なんや、うちの家は楽しないとあかん、けんかするんやったら、どっか外でやっといで」と、言い分なんか聞かんと、一方的に、暴力反対、暴言反対、けんか反対を貫いたらええのや。

 仲良うしろ、違って、この家の中で、住み分けなさい、ということや。住み分け、て言うのは、場所だけのことやない、物事する時間をずらすとかもや。

 そやさかいに、だいたい、きょうだいおってもな、兄貴が小学校の低学年で、妹が幼稚園ぐらいやと、だいたいな、テレビも同じもん見るし、ほんで、しょうもないケンカしよる。これがな、兄ちゃんが小学校高学年、んで、妹が低学年となると、兄貴にしてみたら、妹はお子ちゃまや、と思うてくる。んで、学校の時間割も違うし、そこでな、家ですることも、家で過ごす時間の使い方も変わってくる。上が中学、下が小学校やったら、そんなん、上にしたら、偉そうなもんやし、部活とか、友だち付きあいも変わってくるわ。だいたい、そのあたりから、暑苦しいきょうだいげんかも減ってくる。

 しかもな、兄貴は、俺はすごい、とか、勘違いしよるけど、妹は、その兄貴をな、あれは単純な男や、と、下にみるようになる。

 こうふたりが育ってきたら、しめたもんや。


 まあ、ここまでおおきくなるまで、もうちょっと、あんたもこどもに耐えなあかん。


 んでな、ここからが大事なとこや、あんたらのこどもがもうちょっと大きいなったらな、これをこどもらがきょうだいげんかしたときに言うんや。

 今から言うの、覚えとき。


 あんな、こないだな、うちの家の雰囲気悪かったやろ。わかっとるやろ、お母ちゃんと、お父ちゃん、けんかしとったの。

 黙ってご飯食べて、あんたらも変な顔しとったやないか。

 実はな、あれな、お父ちゃんが悪いねん。だいたいいつもお父ちゃんが悪いねん。

 そやけどな、いつまでもけんかしとるのもな、しんどい。ええ加減、疲れる。嫌んなる。ほんでな、あんたらが寝てからな、「ちょっと話しよ」って、お母ちゃんから言うたんや。

 お父ちゃん、すぐに逃げよるけどな、座り寄ったわ。

 んでな、お母ちゃんな、お父ちゃんが悪いとは思とった。いや、それがいつもの真実や。なんや、テレビで言うとるのがおるな、真実はいつもひとつ。そうやけどな、お母ちゃんも自分で気づいてへんけど、お父ちゃんにしたら嫌なこと言うたかもしれん。

 それでな、「私も言い方がきつかったと思う。ごめんな」って、謝ったんや。

 だいたい、いつまでも意地張ってるより、どっちかが、まずは、ごめん、なんや。

 どっちかが正しくて、どっちかが間違ってる、って、世の中には、そんな割り切ったもんないのや。

 んで、お母ちゃんが謝ったらな、お父ちゃんもな、しばらくしてな、「いや、あれは俺が悪かった」、て言いよった。

 まあ、そやけど、あれは、と、違ごうて、何んでもあんたが悪いのや、と思ったし、何が悪かったかわかってるか、と、思たけど、もうそんなん突き詰めたら、あかん。

 ごめんって、謝ったし。もうこれで、終了や。

 家はな、楽しいないとあかん。あんたらも学校で嫌なことあるやろ。お父ちゃんも仕事で嫌なことあるやろ。お母ちゃんもパートで腹の立つこともあるし、泣きとなることもある。そやから、家に帰ってくるんや。何があっても、家に帰ってくると、気がほっとする。

 あんたらを怒ってても、あんたらがかわいいし、たまに、あんたらを怒ってる自分が情けのうなる。

 家族はな、仲良うせんとあかん。そのためには、誰が悪い、良い、やない。

 ちゃんと、ごめんして、よし、ほな、今から仲良う、何しよ、あれしよ、これしよ、や。ごめんって、いうてくれて、ありがとう。ありがとう、言うてくれて、ありがとう、や。

 こういう気持ちを、みんなが持つことができたら、戦争なんてあらへん。

 お母ちゃんとお父ちゃんのけんかもな、あんたらふたりのけんかも、それがな、わんさか広がると、戦争と同じや。

 ええか、家族ん中で戦争せえへんかったら、世の中に戦争は起きひんのや。


 あんた、わかったか。これぐらのことは、こどもに言うたり。


 いや、先生、ありがとう。なんや難しい話やナ。んで、ほんまに、あの子らが仲良して、私ら夫婦が仲良うしたら、戦争は起きひんねんナ?


 まあ、そうやろ。シランケド。


 ということで、では、また。


閲覧数:382回0件のコメント

最新記事

すべて表示

就学前の教育で思うこと。ちょっとフレーベル

こんにちは。 つい先日のことです。 長らくミッションスクールで教育職を務めてこられた方とお話しをさせていただく機会をいただきました。その方が、次のようなことをおっしゃいました。 内容と表現は、私の方で変えています。 5歳児のこどもたちがクッキーを作って、同じ数ずつ、みんなでわけあいましたら、4つ余りました。 さて、どうするか。担任の保育者が、こどもたちに尋ねました。 「わたしたちより先生の方が(身

お久しぶりなくせに、いきなりですが、私はこれからも生きていきたいと思っています。

こんにちは。 半年ほど、「ブログ」はそのままでした。ほっといたわけじゃないんです。 いいわけ、というか、経緯というか、ちょっと、ほかに書くことがあるからなんですが、ちょっと時間ができたので、つい先週、思ったことをお話しします。 ようやく桜も咲き始めた、こんなうららかなときにどうかですが、まあ、ちょっと。 「自分に死ぬ」という表現に触れました。初めて聞く言葉の組みあわせでした。 これを言ったひとは、

中学生の娘です。サンタがほんまにいると信じてます。

こんにちは。 この前は、まだまだ暑いときでしたが、もうすっかり、季節が移りました。 それで、それなら、いっそのこと、もうひとつ。サンタさんが登場する話です。 ずいぶんと前に、次のような問いを受けました。 「私には、中学生になる娘がいます。吹奏楽部に所属し、管楽器の演奏に励んでいます。実は、まだ、サンタクロースの存在を信じています。例年、24日になると、こどもがまだ小さい頃は夕食の時、遅くまで起きる

Comentários


bottom of page