top of page
  • 執筆者の写真Hiroyuki Notoh

根拠のない考えをひとつ

 こんにちは。


 彼岸花の咲く頃に書いて、季節もすっかり移り変わっています。あちらこちらと、寄せていただいて、あれこれと思うているうちに、1カ月以上、経ちました。


 賽の河原地蔵和讃、というのをご存じの方もいらっしゃると思います。

 私が知っているところをお話しさせていただきます。

 

 親に先立って亡くなったこどもは、賽の河原、というところに着くとのことです。

 こどもは、ひたすらに、柔らかい手で、硬く荒く削れた石を拾い集めて、それらを積み、親の安寧を願います、が、鬼が現れて、その石塔を、崩し、散らします。

 このとき、地蔵菩薩が来て、こどもたちを抱き寄せます。


 鬼は、「お前は、親を思うて、石を積み、幸せを願っているのに、その親は、お前が亡くなったことを嘆くばかりで、自分の悲しみしか考えていない。お前が極楽浄土で仏のもと、安らかに過ごしているのに、ありがたく思おうともしない」といったことを言うようです。


 こどもが亡くなれば、いや、そうでなくとも、こどもに何かあれば、その身を案じ、何かできることはないか、我が身と変わってやることができれば、と、憔悴し、穏やかならぬ、長い時間に心砕かれるのが親であろう、と思います。

 しかし、どうしても、こどものことだけを思うばかりではなく、確かに、自分が苦悩から解かれたい気持ちも、どこかに、どのときかに、起こりもするでしょうし、我が身を退けたとしても、周りのひとのことを、ときには、こども以上に心配もするでしょう。

 それに、物事によっては、こどもの無事を願いつつも、なぜそうなったのか、あのとき、こうしてさえいれば、なぜ、あの子は、と、こどもの行いを追求し、それさえしなければ、と、こどもへの怒り、そこまでの強い感情ではなかったとしても、こどもの行いを悔いる、といいましょうか、このような気持ちが湧き起こることもありましょう。


 鬼が言うよう、素直にこどもの幸せのみ願うことができない、それが親かもしれません。


 どこで知ったか、ずいぶんと前、すっかり忘れましたが、次のような句を覚えています。

 確か、詠みびとは、故郷を遠く離れ、長く、定めのない生き方をしているようです。


   尋ね人 掲示されたる 我が名前 老母は今も 俺を見捨てず


 この老母は、こどもが生きていることを願いつつも、なぜ自分のもとを遠く離れたのか、なぜ、定職につかなかったのか、なぜ、家庭を持とうとし、定住しなかったのか、と、そう育てたのかと、自分を責めもし、そのような生き方をするこどもに怒りも覚えたでしょう。

こどもを心配しつつも、周りを見て、なぜ自分だけが、と、親として、当然、与えられたであろう、期待する楽しみを奪われた感情を、こどもに向けもしたでしょう。


 親である自分を責めるのも、こどもに怒りを向けるのも、それをとがめはできない、そう私は思います。誰もが自分の幸せを生きようとします。

 しかしながら、こどもは、親のことを心から思うている、だから、親は、ここに気づき、親である自分が感ずる幸せは、自分の期待が与えられることではなく、こどもの希望が叶うことだ、と、願い、こどもに尽くすことから生まれる、と、私は思います。


 広池秋子による「オンリー達」に、米兵を相手とする街娼によるものだったか、うろ覚えですが、次の句が記されています。


   荒れ狂う 恋のとりこの紅バラも いつか散りせば ちちははぞ恋しき


 こどもは授かりもの、という言い方を聞きます。誰が授けたかは知りません。

しかし、授けられた、ということは、誰かが、自分のものを私に与えたのです。

ならば、授けられたものは、必要なら返さなくてはならない預かりもの、でしょう。


 こどもは、預かって、返すべきもの。親のものではありません。


 旧約聖書の『創世記』22章1節から19節、アブラハムが神の求めに応じ、息子のイサクを生贄にする話があります。

 文を追うと、神はアブラハムが自分をどれだけ信じているかを試した、と読めそうです。息子は死んではいません。


 私は、これも、こどもは親のものではない、ことを表していると考えています。


 私は、最近、このようなことを思います。


 こどもは親を選んで生まれてきたのかもしれない。この親を育てよう、よい人間になってもらおう、それが自分の役割であり、この願いが成就するよう、生まれ、育とう。

 親は、選ばれた身であるから、選んでくれたこどもの感覚、感情、考えを信じて、それに沿うように育てなくてはならない。

 今、自分がしている、こどもへの思い、行いは、こどもに向けたものと言い切れるのか、いや、自分に向けているのではないか、そう省みて、自分のためでなく、こどもの幸せへ、自分の希望を向ける。これが、親の幸せであり、幸せを幸せとして感じることができる者になる道なのだ。

 私はこどもに育ててもらって、親になれるのだ、と。


 このような気持ちを忘れない親は、こどもを虐げることはないでしょう。

 こどもを虐げないおとなには、こどもが幸せを運んでくれるでしょう。


 親を救うために生まれてきたこどもが、親から虐待を受けることはあってはならない。


 虐待をされるこどもも、親の幸せを願って生まれてきたのです。

 ひとを救う命は、救われる命です。


 何か、子育てのことを考えるとき、聞くとき、尋ねるとき、いずれのときも、そのときに覚える感情は、こどものためか、自分のためか、誰の満足か、注意深く考えたい。


 こんなことを、最近、私は考えています。

閲覧数:130回0件のコメント

最新記事

すべて表示

就学前の教育で思うこと。ちょっとフレーベル

こんにちは。 つい先日のことです。 長らくミッションスクールで教育職を務めてこられた方とお話しをさせていただく機会をいただきました。その方が、次のようなことをおっしゃいました。 内容と表現は、私の方で変えています。 5歳児のこどもたちがクッキーを作って、同じ数ずつ、みんなでわけあいましたら、4つ余りました。 さて、どうするか。担任の保育者が、こどもたちに尋ねました。 「わたしたちより先生の方が(身

お久しぶりなくせに、いきなりですが、私はこれからも生きていきたいと思っています。

こんにちは。 半年ほど、「ブログ」はそのままでした。ほっといたわけじゃないんです。 いいわけ、というか、経緯というか、ちょっと、ほかに書くことがあるからなんですが、ちょっと時間ができたので、つい先週、思ったことをお話しします。 ようやく桜も咲き始めた、こんなうららかなときにどうかですが、まあ、ちょっと。 「自分に死ぬ」という表現に触れました。初めて聞く言葉の組みあわせでした。 これを言ったひとは、

中学生の娘です。サンタがほんまにいると信じてます。

こんにちは。 この前は、まだまだ暑いときでしたが、もうすっかり、季節が移りました。 それで、それなら、いっそのこと、もうひとつ。サンタさんが登場する話です。 ずいぶんと前に、次のような問いを受けました。 「私には、中学生になる娘がいます。吹奏楽部に所属し、管楽器の演奏に励んでいます。実は、まだ、サンタクロースの存在を信じています。例年、24日になると、こどもがまだ小さい頃は夕食の時、遅くまで起きる

Comments


bottom of page