top of page

​最新情報

​開催予定の研修・講演のお知らせ

近刊のご紹介

​庭株式会社 主催  あそびの庭 オンライン保育研修

 乳児の身体・眼・手の運動発達から考える保育の手立て

                   全6回 各40分 5月10日 配信開始

 「子どもの生活と遊び Vol.1 具材 ごっこ遊びを支える道具」

 「子どもの生活と遊び Vol.2 絵本 こどもと語り合う道具」

そして、

 「こどもと大人​のための月刊新聞 庭しんぶん」

 

 庭株式会社さんによるオンライン保育研修をご案内します。

​ 

​ ひとが生まれ、そこから言葉を発することへといたる発達は、自分の身近にいるひと、周りのものごとに対し、「何だろう」と知的好奇心を持ち、「見たい」とまなざしを向け、「近づきたい」と身体を動かし、「触りたい」と手を伸ばし、把握し、指で扱い、そして、もうこれ以上は「手が届かない、でも何だろう、知りたい」と感じた思いを「伝えたい」、そこで指さし、得た経験を「言葉」として「語る」過程です。

 これは、「何だろう(知的好奇心)」「見たい(眼球運動)」「近づきたい(身体運動)」「手にしたい(手指機能)」「伝えたい(社会性)」「語る(言葉)」、これらの発達が結びつくことを意味します。

 本講座では、身体・眼・手の運動発達を、保育で必要な範囲で簡潔にお話しし、遊びや食事への具体的な手立て、さらには発達障害のこどもで見られる運動や手の機能の問題と対応についてもお伝えします。


 

​こどものとも社主催 オンライン園内研修

 対応に悩む保護者、指導に苦慮する保育者への関わり

  ~発達障害のこどもへの保育実践から

     私の分は、終了しました。ありがとうございました。

  理解しない、やろうとしない、怒りだす、と感じる保護者や保育者。

  それは、「気になるこども」が「気になるおとな」へと、行き詰った姿かもしれません。

  今、保育者を悩ます、おとなへの対応を学びましょう。

 

  このような内容で、お話をさせていただきました。ご参加くださり、ありがとうございました。

​エイデル研究所 げ・ん・き No.201 2024年1月発行

 こどもへの対応に困ったときに読む

   連載第30回:こどもの困り感に気づくマップ

   「言葉を通したひととの関係の問題」⑤

 「遊び」「学習」「仕事」、どれも違う活動のようですね。
 このうち、学習と仕事はつながっているようにも思えます。これらを、「大変だ」「楽しくない」「辛い」などなど、そう感じる方もいらっしゃるでしょう。
 対して、遊びは、「楽しい」「休める」「自由だ」といったところでしょうか。
 おおよそのひとだと、学校に入るまでは遊ぶ時間が多かったけれど、そのあとは勉強で、ほどなく、仕事に費やす時間が生活の大半を占める、ということになるのか、と思います。

 それに、仕事に就く年数が最も多く、次いで、勉強する年月、遊んでいてよい間はわずかでしょう。
 就学前は、「おとなしく遊んでいなさい」と言われますし、就学後は、「まじめに勉強しなさい」、そして、働いてからは、「まじめに仕事しなさい」と言われることもあります。
 どうも、遊びというのは、希望するけれども、年をとるにつれて、遠くへと過ぎ去っていく「憧れ」みたいなもの、とも思えます。
 ですが、ちょっと違う側面から考えてみましょう。
 遊びは何をもたらすか。

 遊ぶことで、楽しみはもちろんですが、ひとりでおもちゃを扱う、ともだちとごっこをする、そこで得られるのは、ものを操作することや、運動をすることによる、身体の使い方の学びです。

 加えて、おもちゃを使う、作品を作る、ルールに沿ってゲームをする、このとき、どのようにものを扱うか、どのように組み立てるか、どのようにルールを展開するか、自分の行為を順序立てて、自分がうまくいくように、手立てを考える学びがあります。そして、他者との関わり方の学びも。
 繰り返し挙げますと、手や身体の使い方、ものごとの考え方、ひととの関わり方、これらを、遊びのなかで学ぶ、と、考えてみます。
 そうすると、学校に入ってからの勉強も、仕事で身につける技能も、この3つの学びが柱となっているように思えます。
 そして、この3つの学びをもって、遊ぶことで、自分の興味や能力を発見しますが、勉強していても、仕事をしていても、発見と出会いますね。
 遊び・学習・仕事を結びつけると、どれも自分を発見する手立てなんでしょうね。
 逆にとらえると、保育で経験する遊びは、自分を発見する機会でありますし、ここに楽しさを覚えることが、その後、勉強で知識を得ること、わかること、答えを出すことに楽しさを、仕事では、新しいものごとを創り出すことに楽しさを、感じる土台になるのかもしれません。
 遊ぶこと、楽しむことが、いかに生きる力を育むのか、このことを踏まえ、コミュニケーションへの対応を、今回、お話ししました。
 お読みください。

げ・ん・き最新号945.jpg

​キッズいわき ぱふ 主催  オンライン保育研修

 気になる保護者の理解と対応

​  再配信が終了しました。ありがとうございました。

 京都の宇治にある良心的なおもちゃ屋さん、そして、保育の研修も長年、行っておられる、キッズいわきぱふさんによるオンライン保育研修、私がお話しさせていただきました分の再配信が終了しました。

 保育者が、対応にとまどい、信頼関係を築きにくいと感じる保護者を、どのように理解して、どのように手助けするかをお話しさせていただきました。
 ありがとうございました。

 引き続き、私が尊敬する、新井寛子さんの研修が開催されます。どうぞご参加ください。

​ 私も申し込みました。

​庭しんぶん 連載

 「仕事探しは、実に、本当に、」

​  連載終了しました。ありがとうございました。

 子どもの生活と遊び Vol.1「具材」、そして、Vol.2「絵本」と、丁寧な保育、丁寧とは、こどもが感じ、思い、考えていることに、おとなも同様、感じようと、思おうと、考えようと、関与をはせる、これを実現する保育の手立てが著された、丁寧な本、を出版されている、庭株式会社さん。
 もうすぐ、Vol.3「人形の服」も出版される、とのこと。


 毎月発行の、庭しんぶん。丁寧です。こどもへまなざしを向けつつ、こどももおとなも、読む者が自らを問う機会を与えてくれる記事。


 ほんのしばらくでしたが、仕事ってなんなのか、仕事に就くために、こどものときにやっておくことは、なんなのか、そして、遊びと仕事の結びつきが何をもたらすのか、について、私が、今、考えていること、屈託なく、書かせていただきました。

​ ありがとうございました。


 

bottom of page