top of page
  • 執筆者の写真Hiroyuki Notoh

ほんの数日前に、思いついたこと

 こんにちは。


 先日、停止階に着きましたエレベーターが、「ゴカイデス」、とおっしゃいましたので、「そうでしたか、ごめんなさい」、と、返事をしておきました。

 もちろん、「5階です」と機械による音声アナウンスが流れたまでのことで、乗っていたのは私だけでしたから、「誤解です」と読みとって、冗談をひとりごちたまでのことです。


 さて、私は、東西南北、右左、といった言葉は、ほぼ不案内です。

 具体例を挙げます。


 東西南北に通っている十字路(この説明をする時点で、自分自身、疑問)があります。

 あるひとが、南にある出発地から右折をして、東にある目的地へと到着しました。用事が終わって、出発地に帰るとき、当然、東から西へと進み、左折して、南へと戻ります。

 しかし、いつもの私ですと、用が済んだ後、東から西に向かって進むまでは大丈夫です。しかし、そこで右折して、北へと行ってしまうのです。

 なぜかというと、往路が右折だったので、帰路も右折、と思ってしまうわけです。

 こういったことは、ずいぶんと自覚されてきたので、だいぶと改善はされてきています。しかし、不慣れな地域では、まだまだな私です。


 地名についても同様、京都市内ですと、東側に「東大路通り」、西側に「西大路通り」、いや、これも当たり前ではありますが、それぞれの道の名と方位が「結びついている」のを知ったのは、青年期をとうに過ぎてからでした。

 「西から昇ったお日様が、東~へ沈~むぅ」という、アニメのテーマ曲を聞いて、それがギャグであると気づいたのも、それなりの学年になってからだったと記憶しています。


 それで、自動車を運転するとき、よほどわかった場所以外は、ナビを使います。しかし、これも、使い始めたのはそう以前でもなく、当初は、地図を見ながら、自分の能力の改善を図っていました。また、ナビ自体をアップデートすることも知りませんでした。

 なので、一度は、「目的地に到着しました」と案内が終了したところは空き地で、実は、訪ねるべき施設は既に引っ越していた、慌てて連絡をして、迎えに着ていただいた、ということもありました。

 なので、自分には期待せず、知りあいに教わったスマホのアプリのナビを使っています。とても便利で、どこにでも到着できますし、帰ることもできます。私は無敵です。


 んで、ここまでは長い前置きで、ここから本題に入るわけです。


 そのナビが、先日、「左折です」と言うので、思わず、「挫折か」と、ひとりつぶやいてみました。その後、「左折レーンがあります。ご注意ください」と言うのも、「なるほど、挫折に陥らないよう、注意してくれるわけだ」と思いながら、進んでいたのです。

 そこで、「右折」は「どうとらえるといいのだろう」、と、あれこれ考え、「紆余曲折」と、言い換えることを思いつきました。

 そうすると、「次、右折です」は「次、紆余曲折です」になって、「右折レーンにご注意ください」は、「紆余曲折に入り込まないよう、ご注意ください」となるわけです。


 カーナビは、目的地を入力して、そこにたどり着くまでの道案内、なかなか優れもので、かかる時間の少ない順、距離の短い順、など、様々なシミュレーションをしてくれます。

 

 そこで、今回、私がご紹介したいのは、「人生ナビ」です。まるで通販の枕詞みたい。


 初期設定では、生年月日や現在の仕事など、自分に関する情報を入力しておきます。

 次に、たどり着きたい人生の到達地点を入力します。例えば、将来なりたい職業や将来に備えておきたい経済力などです。

 そうしたら、いくつかの往路(もちろん、帰路はありません)を提案してくれます。そのなかから選んで、ナビを開始すると、「次、挫折です」「紆余曲折にご注意ください」など教えてくれるのです。

 できるだけ「しばらく直進です」を選びたいところですが、チャレンジはOKです。


 こういう機械があると、私なんかは、今更ながら、ドキドキしない安全な人生を選べる、と、欲しいところです。

 甘いおやつが大好きなロボットのポケットから、「はい、人生ナビ」と、出てくるといいです。


 しかし、どうも、そういう発明品に依るのは、楽しくなさそうです。


 生きているといろいろなことがあり、ドキドキどころか、倒れるときも、ひととぶつかることも。自分が傷つくことも、ひとを傷つけることも。用心しても起こります。

 挫折も紆余曲折も、自分が生きていくうえで必要があるから、起こるのでしょうし、到着地点も、進む方向もわからないからこそ、ぐるぐると回りまわって、ひとと出会って、行うべきことを行って、生きている意味を自分で作るのだと考えたいものです。

 そうすると、私が方向に不案内なのは、改善不要、必要な能力かもしれません。


 こんなことを書いている間に、親しい知りあいから、ゴールデンカムイの続きが到着しましたので、読むことにいたします。


 そのうち、また、感想を書いてみようかしら。


閲覧数:148回0件のコメント

最新記事

すべて表示

就学前の教育で思うこと。ちょっとフレーベル

こんにちは。 つい先日のことです。 長らくミッションスクールで教育職を務めてこられた方とお話しをさせていただく機会をいただきました。その方が、次のようなことをおっしゃいました。 内容と表現は、私の方で変えています。 5歳児のこどもたちがクッキーを作って、同じ数ずつ、みんなでわけあいましたら、4つ余りました。 さて、どうするか。担任の保育者が、こどもたちに尋ねました。 「わたしたちより先生の方が(身

お久しぶりなくせに、いきなりですが、私はこれからも生きていきたいと思っています。

こんにちは。 半年ほど、「ブログ」はそのままでした。ほっといたわけじゃないんです。 いいわけ、というか、経緯というか、ちょっと、ほかに書くことがあるからなんですが、ちょっと時間ができたので、つい先週、思ったことをお話しします。 ようやく桜も咲き始めた、こんなうららかなときにどうかですが、まあ、ちょっと。 「自分に死ぬ」という表現に触れました。初めて聞く言葉の組みあわせでした。 これを言ったひとは、

中学生の娘です。サンタがほんまにいると信じてます。

こんにちは。 この前は、まだまだ暑いときでしたが、もうすっかり、季節が移りました。 それで、それなら、いっそのこと、もうひとつ。サンタさんが登場する話です。 ずいぶんと前に、次のような問いを受けました。 「私には、中学生になる娘がいます。吹奏楽部に所属し、管楽器の演奏に励んでいます。実は、まだ、サンタクロースの存在を信じています。例年、24日になると、こどもがまだ小さい頃は夕食の時、遅くまで起きる

Comments


bottom of page